フィルム写真
■2010セカンドスクール
セカンドスクール2010

 セカンドスクール。9月21・22・23日、豊田市立古瀬間小学校と五ケ丘小学校5年生の子ども達が農家などにホームステイして「農山村の暮らし」を体験しました。
芋掘り、野菜の収穫、稲刈りなど季節の野良仕事。魚つかみ、鶏の世話、竹細工…。食事は自分たちで手づくり五平餅、うどん、パンやピザと受入先家族の指導でスローフード。鳥や虫や風の音、深い空と木々に囲まれた視界。真っ暗な夜の体験。夜の団欒。すべてが貴重な2泊3日。子どもたちに生きる力が新たに宿ったことでしょう。
今回参加した子ども達は77人。小原、旭、稲武、足助、松平、下山の農山村の家庭に子どもたちは4人ほどに分かれてホームステイ。23軒のホームステイ先家族やインストラクターさんをふくめ受け入れた農山村の方は何と100人以上にのぼりました。
豊田市のセカンドスクールは5年目になりますが昨年から「とよた都市農山村交流ネットワーク」が受入事業を行っています。受入農家さんや農山村体験のインストラクターさんなど会員は約130人います。
年度初めから農山村各地域代表の方々と小学校の先生方、市の担当者が2回の「合同検討会」をもち、それぞれの想いを語り子どもを中心に据えた計画を練り上げてきました。夏休み中、先生方といっしょに事前にホームステイ先を回り先生と農家さんがコミュニケーションを取りました。また、各地会ごとに合同の取り組みをするなど、地域での協力も深めました。とりわけ子ども達の抱えるアレルギーなどへの対策については何回も地域会で相談しました。
農山村を愛し誇りに思う「心」、未来を担う子ども達の成長を願う「心」がセカンドスクールを支えています。

■2009セカンドスクール
セカンドスクール

2009年9月セカンドスクール大成功!
9月14日(月)〜16日(水)小学校5年生の子達が農家などにホームステイして 「暮らし」を体験しました。 畑の耕し、野菜の収穫、稲刈りなど季節ごとの野良仕事。時には炭焼きや人工林の 間伐など山仕事。食事も手づくり五平餅、うどん、パン、ポトフ・・・ と受入された人オリジナルなスローフード。 鳥や虫や風の音、深い空と木々に囲まれた視界。真っ暗な夜の体験。夜の団欒。 すべてが貴重な2泊3日。短い期間ですが、子どもたちに生きる力が更に宿ります。

line

今年度豊田市立古瀬間小学校の5年生は63人。 受入はもちろん「とよた都市農山村交流ネットワーク」(略称・農山村ネット)の 農山村の方々です。小原、旭、稲武、足助、下山の5地域に子どもたちは3〜4人に わかれホームステイ。19軒のホームステイ先家族やインストラクターさんを ふくめ受け入れた農山村の方は毎日50人以上にのぼりました。
以下、農山村ネットワークだからこそ、できた点を列記します。

古瀬間小学校の5年生 line 農山村ネット

事前の農山村ネット・学校・行政との合同検討会

4月24日、古瀬間小学校で初の合同検討会が開かれました。農山村ネットは 5地域を代表して11人。豊田市農政課2人。学校側は近藤校長先生、教頭先生、 教務の先生、校務の先生、5年生の担任の先生お二人、特別支援学級担任の先生 にご出席いただきました。
校長先生からは「すでにPTA総会でも説明し、子どもにも伝え『早く行きたい』 という声が上がっています。子どもたちの『生きる力』のため、農山村での体験は とても重要だと考えています。」と元気のでるご挨拶。6月18日には2回目の 合同検討会が開かれました。

line

魅力ある地域合同の取り組み

各農家での農体験(稲刈りや畑の収穫など)とともに、各地域会で相談し地域ごとに集まって例えば、 手打ちうどん〈稲武〉 山里の小学校訪問(足助) 栗拾い栗ごはん(小原) ニジマス釣り(下山)  炭焼きパンとブルーベリージャム(旭)など地域ごとの取り組みがなされました。

line

安全で楽しいセカンドスクールを目指した受入研修会

7月14日夜に研修会。この道30年のベテラン西村文子さんの楽しいトーク、豊田市セカンドスクール 3年間の蓄積によるホームステイと安全についてのマニュアル、古瀬間小学校の校長先生からの直接の みなさんへのお話しなど、とても貴重な内容の研修会となりました。

line

古瀬間小学校の校長先生、5年生担任の先生が「農家回り」、のべ15時間

8月3日と18日、古瀬間小学校の近藤校長先生と5年生担任のお二人の先生が、 ホームステイ先の農家や施設の下見とあいさつ、情報交換に回りました。農山村 ネットワークから山本と安達が随行。18日には農政課の梅村さんも同行。
先生方は「豊田市の農山村はどこも美しい。交流事業でいろんなことを実践されてい ることもわかりました。農山村ネットワークのみなさんの案内がなければとても 訪問できなかったので、ありがたいと思いました。」と感想をのべられていました。

農家回り